協会概要

協会発足・会長挨拶

 

間もなく国交正常化50周年を迎えようとする日中関係を顧みますと、日本にとって中国が最大の貿易相手国、中国から日本への訪日者数は1千万人近く(2019年)に迫るなど、経済分野をはじめ各方面での交流がより深化していることを強く感じる日々です。

このように「ヒトとモノ」の流れが拡大したことに伴い、また世界的なデジタル化等の進展により、今後日中間でも経済の流れを支える金融面における実務的な交流の重要性が増してくるのではないかとの思いから、この度一般社団法人日中金融協会を発足させていただきました。

当協会としましては、日中双方で企業をはじめ経済活動に携わっておられる方々、また金融をはじめとする中国経済の動きなどに関心のある方、そして新たなビジネスを展開される方などに向けたセミナーや研修会の開催、さらに中国側事業パートナーの紹介を含めた個人相談などの機会を提供させていただくことにより、皆様のビジネスチャンスの環を拡げていただく、これが当協会としての事業目的でございます。

2020年に、世界情勢が不安定な下での船出となってしまいましたが、当協会設立の趣旨にご賛同いただける皆様方とともに、新たな経済交流の場を築き立ち向っていきたいとの思いを強くしている次第でございます。協会発足にあたりまして皆様のご理解、ご支援を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

 

 

協会概要

名称   一般社団法人日中金融協会
設立日  2020年5月
電話番号 03-5533-8827
所在地  〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-2郵船ビルディング1階
目的および事業内容

本会は、日中両国が新時代の関係強化に向けて各種の新たな交流が希求されているなか、その重要な礎の一つである経済交流、日中金融分野での多岐に亘る実務交流の推進を図ることによって、日中両国の経済関係の発展及び金融面における相互理解の増進と関係の強化及び連携に寄与することを目的とし、その目的に資するため次の事業を行う。

  • 経済、金融に関するシンポジウム、セミナー及び講演会の実施
  • 日中両国の経済、金融に関する調査・研究及び報告書の作成
  • 日中両国の金融関連の展示会、ビジネス商談会の開催
  • 日中両国の金融協会による相互訪問、人的交流及び関連機関視察
  • 出版事業
  • 前各号に附帯又は関連する事業

組織図・役員

 

 

 

  氏 名

      役 職

                   経 歴

高島暁

代表理事・会長

三井住友銀行国際統括部上席部長代理、三井住友銀行(中国)有限公司董事長弁公室常務副主任、三井住友銀行監査部上席考査役

奥山和則

理事・金融倶楽部理事長

三井住友銀行常務執行役員、三井住友銀行(中国)有限公司社長・会長、三井住友カード代表取締役・専務執行役員

宮里啓暉

理事・常務副会長

日興アセットマネジメント(株)マネージング・デレクター、海通証券副総裁

川田勉

理事・常務副会長・事務局長

オフィス川田 代表

趙亜平

副会長

雍和資本投資グループ 副総裁、株式会社 信和 会長

江海峰

(Alex Jiang)

顧問

EYグレーターチャイナ パートナー&ジャパン・ビジネス(金融)リーダー

袁少穎

顧問

大阪大学法学研究科、大成弁護士事務所パートナー

アクセス

〒100-0005  東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング1階

train.png
電車:

東京駅丸の内中央口より徒歩3分 (JR線、地下鉄、成田エクスプレス、新幹線など14路線利用可能)
東京メトロ 二重橋前駅7番出口より徒歩1分(千代田線)
東京メトロ 大手町駅改札より徒歩7分、7番出口より徒歩1分 (丸ノ内線、東西線、千代田線、半蔵門線、都営三田線)

airport.png
空港:

成田空港から:成田エクスプレスで東京駅まで60分
羽田空港(東京国際空港)から:京浜急行線で東京駅まで30分、エアポートリムジンバスで東京駅まで40分